風営紳士録2.0

ナイトタイムエコノミーを中心に、サービス現場のトレンド分析から警察の取締りや法令改正情報まで、風俗営業の最新情報を発信中です!

風俗営業許可のWeb集客専門家HPの特徴

士業のネット集客

 

こんにちは、東京都新宿区の風俗営業専門やたべ行政書士事務所です。

令和時代となり1ヵ月が過ぎました。皆様、いかがお過ごしでしょう?やたべ事務所はおかげさまで忙しくさせて頂いてます。

新元号発表と同時に新元号にちなんだ法人登記やドメイン登録が増えたとのことです。もちろん商売人であればインターネット検索として有利なキーワードを抑えるためにも新元号「令和」を取り込みたいという商魂を燃やす方は少なくないと思います。

特に新規顧客を獲得し続ける必要があるビジネスモデルではWeb集客が機能するかどうかは成果を大きく左右します。我々、行政書士をはじめ、税理士や社労士、弁護士などの専門家サービスとて例外ではありません。

本日はこのWeb集客を中心に営業を行っている専門家について考えてみたいと思います。

 

Webライティングとは

 

Webライティングを意識しているホームページというのは直ぐに判別できます。当やたべ事務所ページも一応意識しています。検索キーワードを記事タイトルや項目見出し繰り返し記載しているものです。

これは一般の人から見るとしつこいと思われますが、クローラーと呼ばれる検索ロボットにしっかりと認識してもらうために現状はどうしても避けられないことです。

加えて、文章にも特徴があります。これはロボットではなく一般の人向けの対策の一環なんですが、平易な言葉で記載されていて非常に読み易いということ。専門家の中でも特に抽象的で難解な文章を書いてしまいがちな法律家ですが、一般の人向けに難解な法律論をホームページ上で説明してもうまくは伝わりません。

伝わる文章というのは、読者の脳にストレスを与えずにスーと一読できることが重要です。難しい言葉、読み手に解釈を求めてしまう言葉では伝わりません。

さらに読者心理をうまく刺激する文章であることも必要です。記事タイトルが「行政指導の法的拘束力の有無」とあるよりも、「警察から呼び出しがあったらどうなる?」の方が間違いなく受け入れてもらえますよね。他にも「3つの秘密」とか、「実は・・・」とか、極端な場合あえて「【閲覧注意】」と記載して誘因する場合もあります。

そして何より読者にアクションを求めるのもWebライティングの特徴です。「面談予約」「メルマガ登録」「LINE登録」などなんらかの読者のアクションにつなげ次のステップを目指します。

Webライティングをまとめると大きく2つにまとめられると思います。

  1. 検索ロボット向けのSEO対策
  2. 一般読者向けの行動喚起対策

ホームページ対策が取れている専門家

 

では、ホームページ検索でみつけた専門家にアクションを起こした際、気をつけなければならないことはなんでしょうか。

まずホームページでは伝わりづらい専門家の人間としての肌の相性を確認することだと思います。ホームページの雰囲気と違うな、と思う専門家はたくさんいると思います。

値段が違う、納期が違うといったことは当然ながら、専門家サービスを受ける中でレスが遅っかたり、作業を後回しにされては元も子もありません。

もちろん、ホームページのSEO対策を強化していること自体は時代のニーズを掴んでいる証なので評価すべきことですが、あくまで集客できれば良いとしか考えていない専門家もいると思います。

その意味ではホームページの内容がちゃんと更新されているか、相手にとって必要な情報を提供しているか、などはホームページ上で専門家としての顧客志向を担保するヒントになるかもしれません。

もちろん、当やたべ事務所ページもそのようなホームページ作りを目指してまいります。風俗営業許可・届出でご用命があればどうぞご連絡ください。都内での現地確認は初回無料で行っております。それではまた!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。