風営紳士録2.0

ナイトタイムエコノミーを中心に、サービス現場のトレンド分析から警察の取締りや法令改正情報まで、風俗営業の最新情報を発信中です!

ビジネス書あるあると風俗営業許可あるある

読書の秋

 

こんにちは
東京都新宿区の風俗営業専門
やたべ行政書士事務所です

 

すっかり秋も深まってきました
今週末の東京は秋雨模様

 

こんな雨降る秋の日の午後は
ゆっくりと読書を楽しむのも良いですね

 

ただ、ページをめくる中で
「おや?」っと思ったことはありませんか?

 

ビジネス書あるある

 

元ダイヤモンド社の編集者である
竹村俊助氏のツイッターから話題となった
『ビジネス書あるある』をご存知ですか?

 

ビジネス書にありがちな言い回しをまとめたら
驚くべき既視感に襲われたそうです(笑)

 

  • 夢は宣言しろって言いすぎ
  • 好きなことだけやれって言いすぎ
  • 新卒で入った会社で落ちこぼれすぎ
  • 魚より魚の釣り方を教えよって言いすぎ
  • リスクをとらないのがリスクって言いすぎ
  • 高級ホテルのラウンジで珈琲飲めって言いすぎ
  • 妻のナンシーと最愛の両親にこの本を捧げすぎ
  • まわりの人の平均給与があなたの給与って言いすぎ
  • 車でハイウェイを走行中に大切なことに気づきすぎ
  • たった一度きりの人生を思い切り楽しみたがりすぎ
  • 守破離。型破りは型があるからできるって言いすぎ
  • 最後は「読むだけじゃなく行動せよ」って言いすぎ
  • ギブアンドテイクじゃなくてギブアンドギブって言いすぎ
  • 会社を5000万ドルで売却してから人生の目標見失いすぎ
  • カリフォルニア大学100名の学生に簡単なテストさせすぎ
  • Special Thanks 田中正人さん、佐藤和也さん、みっちゃん先生、あっくん、ともさん、ミーちゃん…って、感謝しすぎ

ダイヤモンド社といえばビジネス書の老舗
その老舗出版社の編集者だからこそ
「またこのくだりか」との叫びが聞こえます

 

このツイートは多くの共感を生み
『ビジネス書あるある』本出版も検討中とか

 

もうビジネス書を読む必要なくなる本なんて
編集者として大丈夫なんですかね~
と思ったらこのツイート主の編集者
本当に会社を辞めて独立されたそうです

 

自身のSNSがバズったことをきっかけに
会社を飛び出して挑戦の旅に出る

これ自体も「あるある」な気がします(笑)

 

風俗営業許可あるある

 

でもこの『ビジネス書あるある』現象
風俗営業許可申請でも同じ気がします

 

もちろん行政手続きなので
フォーマットがあるのは当然なんですが
保健所、消防、警察、実査で指摘される内容は
かなり重複している箇所があります

 

要するに学校のテストと同じです
学校のテストが得意な学生は共通点があります

 

どの問題を取るべきか以上に
どの問題は取らなくてよいかを理解しています

 

みんなが取れる問題を確実に正解させ
みんなが取れない問題は素早く見切る

 

みんなが知っている「あるある」を抑え
みんなが知らないことに頭を使わない

 

風俗営業許可・届出申請でいうと
許可権者の「あるある」は何か
彼らはどこを重点的に出題するか
あるいはどこは大目に見るかを
しっかりと理解できているかが重要です

 

私も含めて特定分野に特化する専門家は
この「あるある」の蓄積こそが財産であり
出題予想を行う予備校講師のようなものです

 

私のような凡人が専門知識の
経験曲線効果を重ねるためには
○○専門と絞る方が合理的なのです

 

自身の仕事の知識・経験を専門として
「あるある」レベルまで昇華させて
社会に還元していく大切さを思い返した
そんな秋の午後でした

それでは今日はこの辺で~NY行きの機内にてw

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。